橋本圭司

記事一覧(23)

出品の手引き

第56回鳥取市民美術展の開催まであと2か月を切ってまいりました。作品の出品はどのようにすればよいのか、ご紹介しますのでご参考ください。【出品カードを使う場合】1)要項等取扱所(鳥取市役所、画材店、写真展など)にて《出品カード》を入手してください。  《出品カード》は以下のページからダウンロードできますので、印刷してご利用いただいても結構です。 第56回開催要項、出品カードダウンロードページ ※取扱所が遠い、外出が難しい、印刷できない、などの場合はインターネット申込みをご利用いただくか、事務局までご連絡ください。2)《出品カード》をご記入ください。  《出品カード》は ・出品カード ・作品預証兼出品料領収書           ・審査結果通知はがき ・出品作品貼付票   が1枚にまとまっています。3)《出品カード》のうち「出品作品貼付票」のみを切り取り、作品の裏面右上に貼り付けてください。貼り付けられない作品の場合は、切り取らずそのままお持ちください。4)11月5日(日)の作品搬入日に、会場の鳥取市教育センター体育館へ作品を搬入してください。その際は、《出品カード》と出品料2,000円を添えて受付にお出しください。 作品搬入には時間の指定があります。  【日本画・書道・彫刻・工芸】   9時~12時  【洋画・デザイン・写真・版画】 13時~16時  【企画展】            9時~16時5)以上で出品は完了です。審査結果通知はがきは、ご希望の方に11月10日(金)に発送します。【インターネット申込みを使う場合】1)《インターネット事前出品申込み》ページより、必要事項をご入力のうえお申込みください。 《インターネット事前出品申込み》は10月31日までご利用いただけますが、それ以降は《出品カード》をお使いください。

第56回開催要項【出品資格・規格】

開催要項より、出品資格や規格に関する部分をお知らせします。●出品資格鳥取市に住所のある人、または通勤・通学している人、および県東部(岩美郡、八頭郡)に在住している人。中学生以上とする。●出品規定(1)県内の展覧会において未発表の作品であること。肖像権、著作権等の問題が生じないよう十分注意し、問題が生じた場合は出品者の責任において処理すること。(2)出品数は、日本画・洋画・書道・写真については1点、デザイン・工芸・版画・企画展は2点以内、彫刻については3点以内とすること。ただし、他部門・企画展との重複出品可。(3)作品は、下記の規格に従って≪出品カード≫とともに出品すること。作品1点について、出品カード1枚とする。(4)出品料は、1人につき2,000円を作品搬入のときに徴収する。受付後の出品料の返却には応じない。ただし、学生は無料とする(学生証のコピーを出品カードの裏面に添付)。(5)額縁付き作品は、必要があればアクリル板を使用すること(ガラス張りは不可)。(6)展示できる状態で出品すること(額はひもをつけ、着物は衣紋掛、布は竹軸等、皿は皿立てを用意し、付属品にも記名をすること)。(7)出品作品の規格、規定に反した場合、受け付けない。工芸・彫刻など展示等に説明を要するものは、説明図又は写真を添付すること。●規格日本画  10号から100号までとし、額仕立てとする。洋画   10号から100号(展示幅172cm以内)までとし、額仕立てとする。書道   額仕立てとする。重量15kg以内。刻字(木彫)も可、篆刻は印影に限る。     縦額(240cm×90cm以内)横額(185cm×185cm以内)デザイン 平面はA3以上B1までの構成とする。立体の場合は1立方メートル以内での構成(材質は自由とする)とする。商業ベースの制作物(上記の規程によるポスター、パッケージ等)も可。作品のコンセプトを伝えたい場合はA4で1枚程度にまとめ作品の裏面に添付してもよい。写真   作品は枠張または額仕立てとする。縦130cm×横100cm以内(額縁を含める)。彫刻   重量300kg以内。高さ200cm、厚さ100cm、幅300cm以内。工芸   縦250cm、横170cm以内(ただし着尺は除く)。版画   額装 縦100cm×横100cm以内(額縁を含める)。企画展  ジャンルを問わない。※別に記載します。